Top
フィンランドの話 2 
Pulla
フィンランドの暗くて厳しい冬、楽しみは「食べることだった。」と主人。
彼はパンが大好き。リンゴのパンなど、かの地のパン類はどれもおいしかったとか。
その中でも一番好きだったのはプーラ(Pulla)。
c0235117_10183995.jpg

これは、バターたっぷりの、ブリオシュによく似た生地で作るパン。違いはカルダモンが入っていること。
甘い、いい香り。
これを食べることが一番楽しみだったそうだ。
彼がレシピを持ち帰ったことで、彼の母が毎年クリスマスに作るようになり(plla はとくにクリスマス・ブレッドではないらしいが)、弟たちのお嫁さんたちも作るように…。
わたしも同様。うちでは12月になると何度か作って友達やお世話になった人たちに配ることにしている。
わたしは四つ編みに作るが、三つ編みにしたり、端をつなげてリング状にしたり、いろいろ形はあるそう。

飲み物では、レモネードに微炭酸を加えた(イーストを使うらしい)Siima (シーマ) がおいしかったとのこと。

Licorice & Salmiakki
フィンランドのKippis さんが、以前主人に「サルミアッキ(salmiakki)を知っている?」というメッセージを
くださったのだけれど、残念ながら主人は憶えていないそうだ。
でも、彼女の記事フィンランド人謎を読んで思い当たった、思い当たった。
「これはまぎれもない、リコリスでしょー。」
c0235117_10302627.jpg

Google で検索してみたらビンゴ!そのとーりでした (下記参照)。
フィンランドのサルミアッキはアンモニアが入っていて塩味、というところがグロい(失礼)けど、
初めてリコリスを食べた時はわたしだって驚きましたよー。だって、真っ黒で苦くて、石油のような臭いがして、「まるでタイヤのチューブを噛んでいるよう」だったから。
「これは食べ物か?食べても大丈夫か?」こんなものを好んで食べるアメリカ人が理解不能だった。
c0235117_1037610.jpg


数年後に出会ったのは赤いリコリス。ひも状になっていて、ストロベリー、またはチェリーの味がついている。
c0235117_10312767.jpg

なんとなく子供のころに食べた駄菓子を思わせる外見と食感が郷愁を誘ったのか、これは食べられるように。
それどころか、時々買うようにすらなった。

相変わらず見たくも食べたくもないのが黒いリコリスだったが、「駄菓子リコリス」に対して「ワンランク上リコリス」(?)と出会ってしまったことで克服の道へ。
c0235117_10324217.jpg

…克服するつもりはなかったけど、主人が買ってきたから(ってことは彼はリコリスが大好き)。
白いのやら、ピンクのやら、青いのやら。フルーツ系の味や香りはないけれど、グミッとしてシャリっとした食感(求肥の粒子を粗くした感じ)、甘さ。リコリスの匂い。ヤツに付き合って食べるうち、この色とりどりの
アソート・リコリスをおいしいと思うようになってしまった。それも、このリコリス、たまに無性に食べたくなると
いう、わたしの中ではけっこう高いランク付けのスナックにまで成り上がった。そして、黒い苦いのも
くっついているので、それもなんとなく食べているわたし…。
でも、塩・アンモニア系のサルミアッキはどうかなあ…。

≪Wikipedia からの抜粋≫
リコリス菓子(licorice candy)とはスペインカンゾウ(リコリス、甘草の一種)の根およびアニスオイルで味付けされた菓子である。……日本では人気は低いが、北アメリカやヨーロッパで古くから親しまれ、子供から大人まで幅広い人気がある。食感は飴よりグミに近く、光沢を帯びた真っ黒な色をしている。……米国ではひも状やチューブのように長い製品が多い。黒い色は食品着色料カーボンブラックで着色される。
オランダや北欧ではサルミアッキ(フィン語 salmiakki)のような塩味がありアンモニア臭のするリコリス菓子が好まれるが、これらは塩化アンモニウムで味付けがされている。製造元や地域によっては、グミの様な歯ごたえが無い硬い飴のリコリス菓子も製造されている。

訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2012-08-02 11:05 | Daily Life | Comments(13)
Commented by oz55mama at 2012-08-02 16:23
こんにちは。じんちゃん
おもしろいお菓子があるのですね(^^)
味想像しました。あまり食欲そそられない〜笑
見てるだけなら楽しいね。
パンは美味しそう!
いつかレシピ教えてくださいね。
Commented by garjun2 at 2012-08-03 01:55
わはは。そうなんですよー。おいしいとは言い難いかも。
甘いんだけど石油の風味(!)ですもんね。
でも、くせになる感じですかねー。とくに食感が…。
どこの国にも、外国人から見ると 「うへえ…。」っていうような独特の食べ物があるんですね。
プーラのレシピ、後ほど載せますー。 ^_^
てきさす、今週は連日40度超えです。庭の草花が心配。
じん
Commented by Kippis_Y at 2012-08-04 06:41
プッラ美味しそう!素敵なお話ですね。今では家族中で焼くようになってるとは!こちらでは、お家に呼ばれるとコーヒー&プッラの確立が高いですよ。日本で言う、お茶とお煎餅みたいな…
プッラの生地はとっても便利で応用編としてシナモンロール、林檎だったり、ベリー系がのったり、カスタードクリームだったり、形を変えて色々なバリエーションがあります。この生地を少し緩くして油で揚げると美味しいドーナッツにもなるのです。

美味しい話とは裏腹に…サルミアッキ、ねぇ~もう勘弁してよ~な味です。しょっぱいのがサルミアッキで、甘いのがリコリス、こちらではlakuritsiと言われてうられています。サルミアッキ味のガム、チョコレート、リキュール、ソース、アイスクリーム、色々あります。でもアイスクリームは結構いけますよ!リコリスは食べられるけど、あんまり食べなくても良いもの…ですよね、笑。ほんと、食文化色々ですね~
Commented by garjun2 at 2012-08-04 12:23
こんにちは、Kippis さん。
アメリカではpulla ってめったに売られていないし(わたしは見たことない)、砂糖やバタ―がたっぷりでリッチなせいか、わたしたち家族にとって は特別なお菓子パンなんですよー。フィンランドではもっと日常的な、おやつというか、パンなんですね。わたしたちももっと頻繁に作って楽しまなくちゃ。
Pulla のドゥ、応用がきくんですね。上にフルーツを乗せて焼くんですか?カスタードクリームを乗せて焼いてフルーツを飾ったのとか、やってみたいです。
ところで「プッラ」の方が発音としては近いんですね?外国語って表記も難しい。(笑)

いろいろ書いている間に、わたし実はサルミアッキにちょっと興味が…。機会があったら味見してみたいです。
アイスクリームはねー、ありえるかもしれませんね。アイスクリームと関係なさそうな組み合わせだけど意外なおいしさっていうと(ほかの人にとっては当たり前かもしれないけれど)、ミントを思い出すのですが、もしかしたらそんな感じですか?

ここ2~3日、無性にリコリスが食べたくなってきたのですが、常習性があったりして(爆笑)。
じん
Commented by exmouthcoco at 2012-08-05 06:10
じんサン、こんばんはー。
今日、まさしく最後の写真のリコリスを食べて…最後に我慢できなくて出してしまった私です。(笑)
いやぁ…なぜか、試供品に小さなパックが目の前にあって、好きな味ではないはずだとわかっているのに…どうしても試したくなって。ははは。
やっぱりダメでした。残りは夫にあげよう~~♪

フィンランドのサルミアッキ、友人にもらって食べたことあります。
甘いよりは塩味のほうが食べやすかったです、私には。
チョコレートに入ってるのは、すんなり食べられましたよ~。

でも、やっぱり、日本人にはハードルが高いお菓子ですよね。
Commented by garjun2 at 2012-08-05 11:11
Coco さん、こんばんは!
リコリスだめだったんですねー。
どーしても食べる衝動にかられるところが、怖いもの見たさなのか(爆笑)、常習性があるのか(まさかねー)?
ご主人は食べるんですか。欧米の人ってホント平気ですよねー。

Coco さんには塩味の方が食べやすかったんだー。
なるほど、人それぞれですよね。
チョコレートに入っているのも、リコリス入りアイスクリームも、わたしは多分苦手だろうと思いますが、やはり「怖いもの見たさ」っぽい魅力が…。リコリスこわいですー。
じん
Commented by Kippis_Y at 2012-08-06 14:54
そうで~す、プッラです。日本人には発音しやえういフィンランド語ですよ。
ちょっと生地が焼きすぎてしまいましたけど、プッラの生地を少しとって、お饅頭を丸めるようにした後、コップの底を使って丸い生地の上から押します。そうすると窪みが出来るので、底にベリーを置いて焼くのです。ベリーは少しコーンスターチとお好みの量の砂糖をからめたほうが扱いやすいですよ。こんな感じです。http://kippisy.exblog.jp/11811233/
カスタードのほうは、シナモンロール同様にカスタードクリームを生地に塗ってクルクル巻いて、切って焼くだけです。美味しいですよ~。しかも、この名称が何故かダラスプッラなのです、笑。

そして、謎なサルミアッキ、少し送りましょうか? そちらはまだ暑いようなどで秋くらいにでも。どうでしょう? 他にも何か来になるものあったら言って下さいね♪
Commented by garjun2 at 2012-08-07 12:14
こんにちはー Kippis さん。
記事見せていただきました。ベリーがいっぱい乗っていて見た目もかわいいし、おいしそうです。
で、これ食べた後は歯磨きですねー(笑)。

わはは。何でダラスプッラなんですかねー。ダラスってフィン語の単語ですか?それとも単なる名前?
シナモンロールと同じ要領ですね。よおし、やってみるぞっ。
じん
Commented by Kippis_Y at 2012-08-08 04:36
じんさん、再び私です♪
ダラスってアメリカのDallasの事だと思うんですよ。
こういうのってダラスにもあるのかしら?!

自分のブログのコメントにお返事する前に、じんさんの所へお邪魔しますね。
サルミアッキの代金や送料はいりませんよ~~~
嬉しいので私の好意で勝手に送らせて頂きます。
結構、凄まじい味なので小さなパックを送りますね。
チョコレートの中にサルミアッキの柔らかいのが入ったのもあるので送りたいんですけど、そしたら今の時期、溶けちゃいますかねぇ?
そちらはまだ暑そうなので、秋の涼しくなった時が良いかな…?教えて下さい~

simaシマのレシピ、私のレシピ本にも幾つかあります。
以前作ったらイーストが上手に発酵しなくてダメでした。英語で書かれたサイトもありますので、参考にぞうど!
http://www.dlc.fi/~marianna/gourmet/19_10.htm
Commented by garjun2 at 2012-08-08 11:08
Kippis さん、こんにちは。
Dallas Plla について Google で調べてみました。 確かに Dallas のことみたいですが、Dallas とは関係ないらしいですよー。謎ですね。http://fi.wikipedia.org/wiki/Dallaspulla
パン屋さんのサイトにも載ってないし…。
でも、フィンランドに留学した人が紹介するレシピを見つけました。
フィンランドのおいしいパン、として紹介するサイトもいくつかあります。売ればいいのにね。まだマニアックな食べ物なんでしょうか。

文字数が多すぎておさまりませんでした。次へ続きます。
じん
Commented by garjun2 at 2012-08-08 11:09
続きです。
サルミアッキの件あまりに申し訳ないのですがー。
では、お言葉に甘えて…。たしかにチョコレートは溶けてしまうかもしれませんね。おっしゃる通り、秋になってからお願いします。
うわー。サルミアッキかー!!どうしよう!!(コーフン状態 ^_^)

わたしからも何か送らせてください。てきさすっぽいもので、何か興味あるもの、お好きなものはありますか?まさかこっちのリコリスなんてことはないと思いますが。(爆笑) お知らせくださいね。
Sima (スペルも違ってましたね)のレシピのサイト、ありがとうございました。主人もよろしくと申しています。生イーストは使ったことがないのですが、これも挑戦してみますよお。
じん
Commented by Kippis_Y at 2012-08-09 20:02
じんさん!
そうなんですか、謎な名称ですね。
久々に、私の好意で、こういう小包便をするのでワクワクします。
先日はスーパーに行って何が良いかな~なんて下見をしてワクワクして、笑。
もしも、そちらで手に入りにくいものとか、試してみたい、旦那様の恋しいものとかありましたら言って下さいね。なかなか、こう言われると難しいかもしれないけど、思いついた時にはご連絡下さい♪

わっ、テキサス便も?!気を遣わせてしまったかな…そんなつもりではなかったのですよ。と言いつつも…嬉しいもんです。私、テキサスのもので中々ピンと来ないのでお勧めで宜しいですよ~
物々交換、宜しくお願いします♪
秋口に住所、交換しあいましょうね!
Commented by garjun2 at 2012-08-10 12:05
Kippis さん、
ありがとうございます。
てきさす便も考え中です。何がいいかなー。
住所等はemail で送りますね。

オリンピック盛り上がっていますが、そちらでは日本の試合など、見られますか?こちらのTVはさっぱりです。オリンピックの時には日本に帰ってTV見たいな、と思ったのでした。
じん
<< バックヤードde バーベキュー... | ページトップ | フィンランドの話 1 >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin