Top
タグ:Spring ( 15 ) タグの人気記事
Top▲ |
ヒョウ被害 --- Hail Storm

3月の日曜日の夜のことです。ボランティアのミーティングの帰り道、トルネード警報が鳴りヒョウが降り始めました。

「大丈夫だろう。」と思ったのが大間違い。


ヒョウは次第に強くなり、車の屋根の上で人が足踏みをしているような大きい音が。ガソリンスタンド、銀行やファストフードの屋根の下に逃げ込もうかとも思ったのですが、近くにはないし…。

普段は車で78分の距離ですが、道はすでに真っ白になり、スピードを落とさなければ滑りやすくて怖くて怖くて…。祈る気持ちでハンドルを握り続けました。


やっとの思いで家にたどり着くと、主人がガレージのシャッターを開けて待っていてくれました。
そこへ滑り込んでほっと一息。

「車、大丈夫だったかな。」の私の問いに「いや。」と主人。

「大丈夫じゃないよ。」と彼が指差す車の後部を見ると、リア・ウインドウが割れてすっかり粉々に…。

c0235117_13491360.jpg

割れたガラスと一緒に車の中にヒョウが落ちているのがわかりますか?


「道理で、窓は閉めていたのに雨の粒が顔に当たると思った。」

サン・ルーフは大丈夫か?と上を見上げたけれど屋根は無事。

それはよかったけど、フロントガラスにもヒビが入り、写真ではわかりにくいものの、車体もボコボコに。ケガがなかったのが幸いでした。


c0235117_14471965.jpg

c0235117_14481168.jpg

この夜外に車を停めていた人も同様の被害に遭いました。

このあたりで降ったヒョウはゴルフボール大だったそうです。
別の地域ではテニスボール大だったとか。
車の他にも屋根、窓、塀などに多くの被害をもたらしました。

c0235117_14474039.jpg

市内では今も屋根の葺き替えラッシュです。

我が家でも、屋根は総葺き替え、9つの窓枠の取り換えをすることになってしまいました。

来年はこの地域の家の保険料金が値上げになるだろうとの噂です。

ただ、トルネードにならなくて本当によかった。


4月には車で1時間ぐらい離れたところを4つのトルネードが通り、5人の方が亡くなったと聞いています。自然の力は本当に大きくて、恐ろしいです。


近所の家で屋根の葺き替えの時、道に落ちていたボルトが刺さったのか、車のタイヤも交換するというおまけまで付き、
散々な春の嵐でした。
あ、友人の家では子供たちがヒョウを冷凍庫に入れていたそうですよ。
「ほんとにもう、バカらしいことするんだから。」と友人。
「飲み物のコップに入れられなくてよかったね。」


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2017-06-10 15:03 | Nature & Weather | Comments(0)
ひな祭り女子会のランチョン
お久しぶりです。
長いことご無沙汰してしました。楽しかった女子会をちょっとだけ投稿したくて。

普段忙しい友人7人が集まってくれてだいぶ遅めのひな祭り昼食会をしました。

女性の昼食なので、メニューは、サラダ中心です。
エッグサラダのサンドイッチ、グリルド・チーズ・サンドイッチ、パスタサラダ、和風焼肉サラダ、
かた焼きそばのあんかけ、きのこのマリネのバゲット添え、いなりずし。
少し食べ慣れないもの、食べ慣れたもの、和洋中取り混ぜたメニューで、みんな何か食べられるものが
あるように。
デザートはガトー・ショコラにストロベリー・クリスプでした。
c0235117_16483149.jpg

みんなそれぞれ顔見知りで、親しくお付き合いしている人たちもいるものの、このメンバー全員で
集まるのは初めて。
どうも「会いたかった」同士が多かったらしく会話がはずみました。

うららかな春の一日。女の子(昔の?)同士であることをお祝いして、良き友達に感謝して。
みんな楽しんでくれたし、私も楽しかったし、よかった。

後片付けを手伝ってくれたキャロルにも、トレーシーにもマンディーにも感謝です。

ところで、おひなさまは今年は食器棚の中に飾ってみました。
c0235117_16411066.jpg

c0235117_16415370.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2015-04-25 00:12 | Comments(5)
土曜日のガーデン・ワーク
土曜日の続きです。いいお天気でー。
午後も主人と裏庭に出てガーデンの世話をしました。
ブラックベリーがひょろんと伸びて来ています。
去年の今頃はもう実がなっていましたけど、今年は気候が不安定だったから・・・。
c0235117_7305297.jpg

ここはうさこ除けのフェンスで囲ってあります。(うさこ、おそるべし!
ブルーベリーも実をつけ始めて・・・。
c0235117_7421958.jpg

ここも主人がけっこうしっかりした囲いを作りましたよ。
c0235117_7331537.jpg

だって・・・。
先週桃も実をつけ始めたんですけど…。
c0235117_7341519.jpg

鳥にぜーんぶ食べられてしまったもん(涙)。
c0235117_7531058.jpg

「今更」って気がするー。 これぞ、「泥縄」?
c0235117_7404117.jpg

バラも剪定する前に咲き出しました。一通り咲いたら一度切った方がいいのかな。
午後はブラックベリーの横のスペースに種を撒く準備。
c0235117_7365630.jpg

これと
c0235117_7382066.jpg

これを。(絹さやは 「アジアの味」がする?へええ。あっ、アジアのあじわい?・・・すみません。)
c0235117_7373756.jpg

撒いてみました。この夏も暑さが心配。
毎年夏、庭への散水の制限があるのですが、今のところは週2回だそう。
c0235117_7393864.jpg

大きく育ちますように。



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-05-15 07:58 | Garden | Comments(16)
土曜日の Bundt Bread ブランチとガーデン
久しぶりに春らしいというか初夏らしい、暑くもない、寒くもない土曜日。
主人が裏庭に出てガーデンの手入れをしています。
c0235117_14415366.jpg

そのあいだにわたしはブランチのキッチンで ストロベリー・バント・ブレッド作り。
以前バント・ケーキをいただいた話をしましたが、これはそのバント型を使ったパンです。
今日作ったのはいちごバージョン。
スライスしたいちごといちごのソースを使います。
c0235117_1437897.jpg

このバント・ブレッド、別名はプル・アパート、スティッキー・バンズ、またはモンキー・ブレッド。 
こんなふうに引っぱると一個一個はずれるからプル・アパート、ね。
c0235117_14454710.jpg

バターとブラウンシュガー(これにはブラウンシュガーは入ってないけど。)
でキャラメル状になってべたべたしているからスティッキー・バンズまたはブレッド。
モンキー・ブレッドは語源を調べたんだけど、モンキー・パズル・トゥリーという木に似ているからかも、
という以外はこれといった理由はわからないらしい。(Wikipedia 参照
カロリー高めだけどやめられないっ。

午後はガーデンのブラックベリーの横のスペースに種を撒く準備です。



訪問してくださって、ありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-05-12 14:51 | Dessert | Comments(14)
うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう
c0235117_163963.jpg

先月、イースター準備のために冷凍庫の整理をしていたところ、
フリーザーバッグに入った大量のかぼちゃが出てきた。
2月にアジアン・マーケットに行ったときに大きなカボチャを買って、
使い残りを切って冷凍していたのを忘れていた―。
そして、冷凍庫の上段からはこれがー。
c0235117_15563778.jpg

わたしのふるさと、山梨県の名物「ほうとう」。
去年の秋日本に帰省したとき、半生の麺を買って帰り冷凍していたのを忘れていたー。
いや、忘れていたというか、ひとつしかないから大事にしまったまま忘れ・・・。

「うまいもんだよかぼちゃのほうとう」
山梨でのほうとうのキャッチコピーなんだけど、
ほうとうにはなぜか必ずかぼちゃが入っている。
テキサスで、日本のかぼちゃがあって、ほうとうの麺があるってすごく確率の低いめぐり合わせ。
で、作ることにした。春になって暖かくならないうちに、麺が冷凍やけしないうちに。

ところで、山梨の女性はほうとうのことは「お」をつけて「おほうとう」と言う。
正しくは麺のことは「ほうとう」、出来上がったものが「おほうとう」。とにかく・・・。
「ほうとう」なんて言うと何だか申し訳ないような気がして。
だからここからは「おほうとう」で。

実家のおほうとうにも、必ずかぼちゃが入っていた。
かぼちゃの甘さがみそ味に溶け出すところがたまらないんだそうだ。
わたしはかぼちゃ入りが苦手だった。せっかくの味噌の味に他の味が混ざるのが嫌なので
自分の分にはかぼちゃを入れないように母にたのんでいた。
そんなことを思い出しながら出来上がったかぼちゃのおほうとうは、とろーんとして、
かぼちゃが甘くて、懐かしくて、ほんわか温まった。

玄米ごはん、だしをひいたあとのかつお節ふりかけも一緒ー。^_^
c0235117_161899.jpg

それから、翌日汁気を吸ってべたべたになった冷たいおほうとうはさらにおいしい。

この菜箸、麺を取り分ける専用箸だそう。高校時代の友達がくれたもの。
c0235117_1672683.jpg

毎年長野県に行くとき、ある作家さんのお店でいろんな木の日用品を購入するんだって。
持つところはねじれが入ってすべりにくく、先にも溝があって麺がつかみやすい。なるほどー。
c0235117_1675693.jpg

欲を言うと、ほうとうは手打ちがいい。母も、伯母たちも分厚いもっちりしたほうとうを打ったなあ。
市販品はきしめんとの中間みたいで物足りないことも。この麺はけっこう厚めだったけど。
いつか自分で打ってみよ。―できるかなー。

このパッケージには山梨―甲斐の国―の有名人、武田信玄が描かれている。
もうひとつ、4月には「武田信玄公祭り」があることを思い出したー。
山梨県人、武田信玄を呼び捨てにしない。「信玄公」。
対上杉謙信、織田信長で、歴史上のイメージはいまひとつよくないけれど、
甲斐の国では、優秀な家臣を重用し、「あばれ川」と呼ばれた釜無川の護岸工事を完成させた名君なのだ。その信玄公の偉業をしのんで信玄公と重臣、二十四将の武者行列が戦国時代劇さながらに繰り広げられるのが、このお祭り。
時代劇好きなわたしは実家にいた頃にはほぼ毎年見物に行っていた。
満開の桜の中、千人の武者行列。
c0235117_1721666.jpg

武田信玄公役は最近は俳優さんが演じる。ここ数年は沢村一樹さんだったが今年は松平健さんだったそうだ。どちらもかっこよかったろうなあ。
c0235117_1724358.jpg

聴衆からは、「沢村さーん」「セクスィー部長ー」ではなく、「お館(やかた)さまー」と声がかかったんだそうな。
わはは。
ちなみに、人気の高い家臣、山本勘助役は、伊吹吾郎さんだったとか。いいなー。シブい。
美しく勇壮な武者と騎馬行列、きらびやかな女性たち。
夕暮れ、松明が焚かれる中、戦国時代にいるような臨場感。
ああ、なんだか山梨県の観光課の宣伝みたいになっちゃったけど。


お時間があったらこちらの沢村信玄公の動画も見て下さいね。
お館さまは最初の出陣式と8分50秒頃ご登場です。
信玄公祭り 甲州軍団出陣動画
この日のために髭を伸ばす武者もいます。
実際に見るとすごい迫力なんですよー。
山梨県観光課
興味持ってくれた人は、毎年4月の第一土曜日なので、来年の春は甲府へどうぞどうぞー。
で、おほうとうも食べてね。



訪問してくださって、ありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-04-13 17:39 | Cooking | Comments(4)
イースターのしたくしました
春ですねー。
今頃イースターの話でゴメンネサイ。
イースター前日からじんましんが体中に出てしまって、かゆくてかゆくて何も手につかないこの1週間でした。
お医者さんの予約も4日後、5日後で、市販の薬で耐えましたー。今は処方された薬でぼーっとしながら
これを書いていますー。

天候が不安定でまたここ数日は初夏→冬→春の嵐?なんですけど。
それでも春を感じるのは木々が芽吹いて、ドッグウッド(はなみずき)の花が咲いて・・・。
c0235117_15594882.jpg

(ドッグウッドといえば、mana さんのブログで日本からの桜のお返しにアメリカから贈られたのがこの花だと知りました。そうか、この花もアメリカと日本の架け橋なんだ。これからはそういう気持ちでこの花を見ます。)
お店にはイースター関連の商品が並び始めるとき。
イースターはキリスト教のお祭りなので日本ではお祝いする習慣はないけれど、冬が終わって春の日差しを
待ち望む気持ちはみんな同じですねー。
(去年のイースター「Easter Sunday―たまごたまご・・・」

そんなわけで、イースターの準備です。
今年はいつもディナーに招んでくれる友達家族をディナーに招待することになり、
急に忙しくなったわたしたち。

Rudern さんを真似て飾り用卵を観葉植物に。
c0235117_1653275.jpg

イースターたまご。去年のとほとんど同じですが、今年は巣に見立てた藁を編んで
みました。隙間に花も飾ろうか。
c0235117_166258.jpg

マントルの上のキャンドル立ては以前知り合いからいただいたものです。)
春っぽい?
c0235117_169512.jpg

c0235117_1694596.jpg

今年の和たまご。プラスチックの卵に千代紙を貼りつけたものです。
Rudern さん、わたしもMartha Stewart でこの卵の作り方を知ったんですよ。
バスケットがちょっと和風かなと思って、今年はこれー。
c0235117_16104357.jpg

子供用たまごバスケット。花を飾って子供席のセンターピースに。
お菓子入り卵はその後子供たちのおみやげになる予定。足りるかな?
c0235117_16111216.jpg

c0235117_16114233.jpg




訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-04-08 16:24 | Spring | Comments(6)
スロークック豚肉でプルド・ポークとチャーシュー
冬の間はスロークッカーがとても重宝しました。
低い温度でじっくり煮たお肉やシチューはとっても柔らか。
キッチンには一日中いい匂いがただよって。
ゆで豚を作ってそれを主人用とわたし用、2種類のスタイルに仕上げました。

下ゆでして余分な脂を抜いた豚肉の塊(1.5kぐらい)を少量の水と共にスロークッカーへ。
にんにくとしょうがも入れてじっくり6時間。
c0235117_184918.jpg

持ち上げると崩れるぐらい柔らか。
半分は繊維に沿ってほぐしてバーベキューソースを絡めて少し煮て、プルド・ポークに。
パンにはさんでサンドイッチにします。主人はこれが大好き。
c0235117_18153216.jpg

半分は、甘辛いたれで焼き付けてチャーシューに。
c0235117_1854519.jpg

ほろほろくずれるので、これ以上薄く切れませんでした。

プルド・ポークはバーベキューの一種で、やはり低温でじっくり焼いて、ほぐしてバーベキューソースを絡めるものだけれど、スロークッカーだとしっとり仕上がって失敗もないので便利。オーヴンを使うなら、ダッチオーヴンや、オーヴン対応の厚手のお鍋に水と共に入れて190℃で5~6時間加熱してもOK。
低温長時間加熱、ほったらかしでOKのスロークックは主婦の味方です!

付け合せにいろいろベビーポテト。
c0235117_18201739.jpg

1回で2種類できて得した気分。
翌日のお昼はラーメンでした。嬉しいー。
c0235117_18161982.jpg



訪問してくださって、ありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-03-13 18:28 | Cooking | Comments(15)
夏時間始まりました
このあいだの日曜日からDaylight Saving が始まりました。
もうー。イースターだってまだなのにい。夏時間だと?
日曜日だけど、朝9時から教会なんで起きなきゃならない-。
昨日まではわりと明るかったのに、今朝はまだ真っ暗なのに起きるのってけっこう腹立たしい。
しかも寒かったりする。たった1時間でもけっこうツライのよ~。
日曜日の朝からこんな感じでいいの?
人間って不完全ですからー。って、こういう言い訳するー。だめだめー。
毎年毎年そうだけど、家中の時計を進めて、しばらくの間は時差に慣れないで眠い日が。

そういえば去年は炊飯器で失敗してたな。

気づいたら、もう花も咲き出しました。
c0235117_16512073.jpg

芝生はまだこんな感じ。隣の家では今日芝刈りしてたけどね。
雑草刈ってたのかな?
c0235117_17173353.jpg

まだ茶色い芝生の中に小っちゃい花が可憐。
いつのまにか春だったんですね。---てきさすは春を飛び越えてすぐ夏になりそうだけどねー。

先日また別のアジアンマーケットに行く機会があり、生しいたけも買いました。
c0235117_1713265.jpg

肉厚でしょ。量がすごく多いので、目的別に切って冷凍庫へ。
c0235117_17181751.jpg

いつもは、さすがのアジアンマーケットでもゴボウはしなびて硬いものばかりなのに、
これは新鮮で皮も繊維もやわらかでした。こんなに長いの。例によって分けて冷凍。
c0235117_1733114.jpg

c0235117_1742172.jpg

日本の野菜のおかずの残りを集めて、和朝食。
c0235117_17193134.jpg

色合いが同じでわかりにくいけど、左からえのきのマリネの残り、そば茶、里芋のともあえの残り、
きんぴらごぼうの残り、長芋のおろしたの。

朝は暗い代わりに夕方は明るい。日もだんだん長くなってきましたよー。
午後6時でこんな感じー。
c0235117_1774362.jpg

明るいからつい夕食のしたくも遅れがち。それじゃだめじゃんねー。



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-03-13 17:22 | Spring | Comments(6)
ひつじさんのしょうが糖とおひなさま
アジアンマーケットで買ったしょうがは薄切りにしたり、せん切りにしたりして、冷凍してしまいます。
香りや食感は落ちるけど、これで腐らせることはないー。^_^
c0235117_2134137.jpg

でも、今回は薄切りにしたしょうがで、ひつじさんが前に紹介してくれたしょうが糖を作ってみました。
c0235117_2162270.jpg

煮上がった時の広げ方が甘くて、何枚ずつか、くっついちゃったんですけどね。
それはそれで、ごろっとした食感がよかった。おいしいー。
c0235117_2144286.jpg

これが大ヒット。外は砂糖でカリカリ。ちょっとピリッとして体もあたたまるし、
のどが痛いかなって感じるときにも最適。
キッチンのカウンターに置いておくと主人もわたしも通りがかりにちょっとつまむ。
今回は少しだけ作ったので、あっという間に食べちゃった。
だれかへのちょっとした手土産にもいいよね、と話したのでした。
アジアンマーケットのしょうがは、日本のもののように皮がうすくて繊維もやわらか。
先週またアジアンマーケットの近くを通ったので今度はたーんとしょうがを買いました。
主人も皮むきを手伝うって。ほんとー?よほど気に入ったのね。週末はしょうが糖だー。

今年もおひなさまを出してお祝いしました。着物もね。
c0235117_2574217.jpg

宵節句には去年と同じちらしずしに、今年はスモークド・サーモンのてまりずしと、主人にも食べられそうな
巻きずしを作りました。(昨年のひな祭り)
c0235117_363549.jpg

無計画に作ったからか、切り方が悪いのか、大きさがまちまちですけど・・・。
巻きずしはきゅうりの浅漬け、ツナ、にんじんの浅漬け、チーズ、チャーシューの組み合わせ。そして
白酒代わりにピナコラーダ。
c0235117_39938.jpg
c0235117_373664.jpg

このおひなさまはわたしが生まれた時に買ってくれたものなので、もうウン十年。アメリカでは
アンティークの範疇かも。
c0235117_2563216.jpg

見るたびに、日本のこと、両親のこと、子供の頃のことを思い出します。
おひなさまや五月人形って、子供が無事に育つようにという、ご両親やご家族の愛がそれぞれ
込められているんですもんね。
c0235117_395996.jpg

こうして見ると、家の中が春の景色。



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-03-10 07:00 | Spring | Comments(8)
Easter Sunday ― たまご、 たまご…
4月8日はEaster―復活祭でした。
2000年ぐらい前、イエス・キリストが十字架にかかって亡くなった後、3日後に復活したことを祝うクリスチャンの行事ですが、同時に木々が芽吹き、花が咲き始め、すべてが再生する春を祝う日でもあります。
冬から抜け出して、明るい、暖かな春を迎える喜びに満ちた日。


c0235117_7445914.jpg木製の卵に色を付けたもの。
子供たちはエッグハンティングを楽しみます。このイースター・エッグも「新たに生まれる」、「再生する」を意味しているとか。
c0235117_7455256.jpg中にお菓子を入れるたまご~。

わたしにとっては、去年の3月末に亡くなった母のことを思う日でもありました。 桜の花に見送られて逝った母…。 とてもきれいで、とても悲しい思い出です。 でも、復活祭にはいつも母を思い出すことができます。 わたしの心のよりどころであった母。 わたしにとっての日本だった母。 母が安らかでありますように。 母も、この春を見ていますように。 そしていつか、母に会えるかな…。

復活祭のこの日は、教会でも春らしい、明るい色の装いの人が多いんです。
春になると、何かいいことがあるような気がしませんか?

c0235117_7471724.jpg和たまご~。作り方がいまひとつ雑なので、真ん中がずれてますね…(汗)。

家に帰ったら、イースター・ディナーです。 今年はターキーの胸肉のローストに、にんじんのグラッセ、アスパラガスのソテー、温野菜とシンプル。
c0235117_15131719.jpg

イースターには芽キャベツがよく出回ります。 芽キャベツとにんじんが並んでいると、なぜかイースターのうさぎを連想してしまいます。

このあたりは、イースターに限らず野うさぎがよく出没します。 庭の花や家庭菜園を荒らすので、「害動物」とされているんですよ。 
とってもかわいいのにねえ。 困っちゃいます。
c0235117_1712392.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2012-04-14 14:51 | Spring | Comments(2)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin