Top
<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
初秋のメロン
まあるいメロンがガーデンの端っこに座っていた。
雑草の陰に、降ってわいたように。
c0235117_34523.jpg

「あれー、ここにいたのね。」思わず声が出た。
まるで突然自分たちの子供に会ったような気持ちになった。
けっこう重量もあって、大きく育っていたまんまるメロン。
これも神さまからの贈り物だね。
c0235117_322888.jpg

9月のメロンは暑さの中で完熟、というより爛熟?
もう腐敗寸前の甘い香りを放っていた。
よーく見てみると、そこにもここにも。葉っぱや他の作物の陰にメロン。
c0235117_36556.jpg

嬉しいなあ。
受粉のことも知らなくて、今年は失敗だったな、と諦めていたからね。
その後も次々と出現し続けるメロンは、今7個目が育っている。
c0235117_305093.jpg

だいぶ寒くなったテキサス。
今日の最低気温は8.8℃(48度F)、最高気温も20℃(68度F)止まり。
どうでしょ、この整備されていないこっぱずかしいガーデン。
c0235117_315451.jpg

まだ小さい実は熟すかどうか・・・。
見守ってみましょ。
c0235117_311514.jpg

ところでウェブ・ブラウザの料理記事にこんなのが載っていました。
c0235117_3182979.jpg

真似して作ってみたの。パンの上に卵を直接割り落とす、というのが珍しかったから。
マヨネーズで堰を作って卵白が流れ落ちないようにしてあります。
わたしは間にハムをはさみました。自家製のバジル・ソルトをパラパラ。
マヨネーズがちょっと焦げるとおいしいよね。



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-10-22 03:25 | Garden | Comments(10)
二人で女子会?のだめDVD鑑賞会っ!
雨が降って冬かと思うほど気温が下がりました。
c0235117_17114288.jpg

昨日は友人のマンディが来て「のだめカンタービレ鑑賞会」。
今頃?そう、いまごろ。

日本の友達からDVDをもらって以来「のだめ」大ファンのわたし。
漫画も全巻日本から持ち帰ったし、
主人と一緒に楽しみたい(彼も大ファン)からTV版も映画も
英語字幕付きを買ったのです。
そんな話をしたら彼女が観てみたいと言うことで
DVDの一部を貸し出したの。
そうしたら続きを一緒に観たい、ということになって
やーっと第一回目が先週実現しました。
そして昨日は二回目。

実はマンディと遊ぶのは5年ぶり?
彼女は自宅でピアノと声楽を教えています。
彼女と知り合ったのは教会で復活祭の季節に行われた
ヘンデルの「メサイア」コンサートのリハーサル。
10年ぐらい前かなあ。
そんなこんなの音楽つながりで親しくなったんだけど。
彼女の長女も音大で声楽を専攻し、来年は大学院へ行く予定。
なので「のだめ」には共感するものが多々あるみたい。
あら、いい笑顔。彼女、フォトジェニックじゃん。
c0235117_1755556.jpg

お昼とおやつを食べながらということで、
お昼はわたしが、おやつは彼女が準備。
彼女は小食で、シンプルなものを数回に分けて食べたい
ということなので、小さくてシンプルなお昼ごはん。
これは先週の。
c0235117_1701022.jpg

昨日はパスタサラダにフルーツサラダ。写真撮り忘れました。
チョコに目がないマンディが持ってきたトウガラシのチョコレート。
(映画「ショコラ」を思い出しません?)
c0235117_1712056.jpg

食べた後にぽぽぽっと辛さが来ます。
カウチの前に小さいテーブルをセットしてはじまりはじまり。
c0235117_1721453.jpg

おもしろいおもしろい。それぞれの場面で使われている音楽の選曲がぴったり。
いいなあ。
食べて、飲んで、笑って、ウルウルして。
c0235117_1725031.jpg

ちょっとプレーヤーを止めて、音楽のおしゃべりが延々。
で、また食べて、また観る。

友達っていいなあ。若いってウラヤマシイ。希望を持つって大事大事。
みんなで心を一つにして何かに取り組むってすばらしい。
目標に向かって頑張るって尊いな。人の思いやり、やさしさってありがたいな。
音楽の力って素晴らしいよね。

及川ミッチー扮するところの音楽評論家の言葉が印象的でした。
「音楽家には才能だけではなくて、人とのつながり・・・・教えたり助けたりしてくれる存在が必要。
自分も(才能のある人にチャンスを与える)そんな人のひとりになりたい。」というような
ことだったんだけど。 ‐‐‐これって音楽に限らないですね。
人は一人では生きられないから。
当たり前だとは思っていても普段見過ごしがちな、大切なことに
たくさん気づかせてくれた「のだめ」時間でした。

気が付いたら5時半。マンディお家は大丈夫なの?
ご主人と2人の息子さんたちが今日は夕食を作ってくれるんだって。
てっ、(山梨、特に甲府近辺の方言。意味は「じぇ」。) いいじゃん。
うらやましいなあ、いい子供たちがいて。
うち?前日スロー・クッカーで作ったビーフシチューですー、の残りと
この日の昼食のパスタサラダの残り。そのつもりでたくさん作ってあるのよん。
煮込む前の写真ですー。
c0235117_17151836.jpg



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-10-18 17:23 | Comments(9)
秋の始まりの日
朝夕もだいぶ涼しくなり、先週はずうっと降らなかった雨が2度降って、
おかげで日中の気温がだいぶ下がりました。
c0235117_811584.jpg

翌日は空気もなんだかパリッとして、あ、秋だ。
オーヴンが使いたくなって夕食にはパン・ド・カンパーニュとシチューを。
c0235117_8124352.jpg

ロシアにお住いの越後屋さんのブログを見てたら、
ハ〇ス・シチューのCMを思い出したから。
シチューミックスはないから、ホワイトソース作って。
c0235117_811415.jpg

食べた後で「あ、写真忘れた。」
なので残り物を撮りました。
パンは外はパリパリ、中はふんわりもちもち。
c0235117_822298.jpg

クープが今ひとつだったけどね。
これはくるみとクランベリーを入れた別ヴァージョン。

ところで、「あまちゃん」終わりましたねー。(今頃だけど。)
最終週は、安倍ちゃんと大吉さんのプロポーズシーンで泣き、
鈴鹿ひろ美が歌いはじめたシーンで泣き、でした。
薬師丸ひろ子の鈴を振るような、透明な歌声が懐かしかったー。
笑ったり泣いたり、いつの間にか録画までして見てた。
おかげでこの週の前半は「潮騒のメモリー」が頭の中でぐるぐるでした。


訪問してくださって、ありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-10-05 08:27 | Cooking | Comments(16)
初秋のプールパーティー
9月最初の土曜日は、その週のはじめから学校が始まって気分は秋。
でもまだ気温は夏。
同じ教会に通う知り合いが、自宅でのプール・パーティーに招いてくれました。
なにしろここんちの敷地は半端ではなく広い!公園じゃん。いや、誇張じゃなくて。
c0235117_626054.jpg

c0235117_6202787.jpg

小さくないプールが小さく見える。ひゃ~。
掃除はどうしてるんだろうねえ、とそちらを考えてしまうわたし。
家のすぐ外にあるプールの周りには折りたたみ椅子をそれぞれ持ち寄った、
どう見ても軽く100人を超える人々が。
c0235117_6291835.jpg

3台のバーベキューグリルでホットドッグとハンバーガーがじゅーじゅーおいしそうな香りを放ち、
テーブルの上には持ち寄りのサイド・ディッシュとデザートがいーっぱい。
ハンバーガーもホットドッグも自分で材料を取って作れるようにしてあります。
わたしたちも椅子を広げて食べる場所を確保。
焼きたてのホットドッグもハンバーガーもおいしいっ。

さて、わたしはおすしをサイド・ディッシュとして持って行きました。
c0235117_6232994.jpg

わたしが作ったいい加減なオリジナルおすしでも、おすしの形をしているというだけで
アメリカの人たちは喜んで食べてくれるのです。
というか、「おすしかな?」という無言の期待を感じます。
だから、よし、作るか。という気持ちになるんだけど。
で、一応みんなが食べられそうな具材で作るんだけど。
ジェニーの一家の三女、エミリーは、お寿司とわたしを見比べながら満面の笑顔。
「おいしそう、これ。おすし?」わたし「そうだよ。おいしいよ(たぶんだけど)。」
「この黒いの、シー・ウィード(海藻)?」「(ウィードっていうのはちょっと語弊があるけどなあ、でも)そうだよ。」
エミリー「うーん(考えて)」小声でせつなそーに「じゃあ・・・食べれないかも・・・。」
食べられる人が増えたとはいえ、海苔や魚はアメリカの人にとってやっぱり今でもチャレンジなんだなあ。
今回もお寿司のお皿が空っぽになった後で、
「ね、あのお寿司には何が入っていたの?」と何人かに聞かれた。
食べながらもやっぱり心配だったのね、というか気になってたのね。
ちなみに中身は、照り焼き味プルド・ポーク、クレソン、炒り卵と、
カリフォルニア・ロール(かにかまぼこ、アボカドの裏巻き)と
ソテーしたソーセージ、クリームチーズ、きゅうり。
今度からは ”Cooked” だけじゃなくて、中身もちゃんと書こう。

プールの外では泳ぐのに飽きた子供たちがウォーター・スライディングを楽しんでいました。
巨大スライドは、街で見かける看板用の大型ポスターをもらってきたものだそう。
そこにシャンプーをたらし、ご主人がホースで水をかけるの。これで巨大スライドが完成。
c0235117_6212183.jpg

すごいアイディアだわ。お水を無駄にしているようにも見えるけどね。
シャンプーで泡だらけになった子供たち。
そのままバスタオルで拭いて帰るのよね、きっと。
ま、家に帰ってからシャワーを浴びさせるんだろうけど。
日本人のわたしは、大まかだなあアメリカ、と思ってしまう。
夕方の日差しはちらっと秋。
c0235117_622227.jpg


訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-10-03 07:20 | Daily Life | Comments(10)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin