Top
ギョウザ 108個の日
月に1回集まる 3家族での食事会。
友人家族のご主人たちのリクエストに応え、ギョウザ を 108個 作ってパーティーしました。
友人の子供たちも、8人のうち6人がティーン・エイジャーに。
そのうち1人は大学生になって他の州に住んでいます。
子供7人、私たち夫婦を含め、大人6人の13人が集まりました。
そして、このご主人たち、どちらも日本に住んだことがあります。
好きな食べ物はカレー、とんかつ、親子丼、焼きそば、焼き肉、すき焼き…。
外国人が好きそうな日本食です。
ご主人たちの影響で、奥さんたちも日本種のお米でご飯を炊いたり、とんかつを作るようになったり…。
c0235117_11174245.jpg
実はギョウザを作るのは多分10年ぶりぐらい。
なぜかと言うと、主人が食べないから。
にんにくとねぎの香り、皮の中で蒸されたお肉がダメだそうです。
ギョウザが食べられない人たちにはホットドッグを用意しました。
ほぼ全員がホットドッグも食べたかな。

食事会の時、頭を悩ませるのは、個々の好き嫌いにどのように対応するか。
ブライアンの家族は全員エビ、カニ、ツナ缶も含めたシーフードがダメ。
カレーが嫌いな子、トマトソースがダメな子。野菜が嫌いな子。いろいろです。
奥さんのジェニー・J 曰く、毎日何を作っても「これ嫌い」という子が必ず一人はいる。とのこと。
おかあさん方の毎日の工夫とご苦労、お察しします。

デザートはいちごのトライフル。
アメリカ人向けに私の好みの量の倍量の砂糖を入れました。
冷蔵庫から出した途端、この子供たちの盛り上がりを見てください。
こういうものは好き嫌いがないらしいですね。

c0235117_11181941.jpg

c0235117_11185212.jpg
ギョウザもよく売れて、ブライアンは「少なくとも 25個は食べた。」
その言葉通り、残ったのは 5個でした。
さて、その 5個は私の翌日のお昼ご飯に…。
と思ったら主人がジェニー・ L に「これ、持って帰ったら?」「あら、いいの?」
まさかダメとも言えず…。
後で主人に問いただすと、「余ったら困るかと思って…。」
何言ってるんだか。本当はギョウザの臭いが嫌なんでしょ。
(確かに、家中のギョウザの臭い、3日間は消えませんでした。)
ああー。私のお昼。
食べ物の恨みは怖いんだからねっ。
でも、いつも掃除に後片付け、進んでしてくれて感謝です。



訪問してくださって、ありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2017-06-11 11:45 | Cooking | Comments(0)
<< ギョウザ で ロシアンルーレット | ページトップ | ヒョウ被害 --- Hail ... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin