Top
ロン・テイラー に会いました ー ロックスターからサラリーマンへの転身 2
とても久しぶりにこのブログを更新します。

3年ぐらい前に主人の会社の同僚が元ロックスターだったことについての記事を書いたのですが、去年、その同僚、ロン・テイラーのファンだったと言う方からコメントをいただきました。
今回はその方にその後のご報告をしたいと思います。

もう古い話ですが、去年のクリスマス前、主人の会社のランチョンが近くのレストランであり、行ってきました。
そして、その記事でご紹介した元 リリアンリリアン・アクス (Lillian Axe) のロン・テイラー (Ron Taylor) にお会いしました。
主人を通じてお互いに話を聞いていたので 「やっとお会いできましたねー。」で会話はスタートしたのですが、とても話しやすい、善い方だな、という印象でした。
そして、鍵つきコメントを下さった「通りすがりのLillian Axeのファン」さんのこと;
彼の来日コンサートに行き、その後ハードロックカフェで偶然バンドのメンバーに会い、ロンからサインをもらったのは良い思い出だということ、彼の歌を今でも時々聴いておられるとのことをロンに伝えたところ、とても喜んでくれて日本のツアーでの楽しい思い出話を伺うことができました。
また、整体師の奥さんが、ロンの健康を気遣って厳しい食事制限を課していることや、お子さんのこと、週末の音楽活動のことも伺いました。食事制限でお菓子類は家では食べさせてもらえないそうですが、主人によると会社でこっそり食べているので、ちっとも痩せないことに奥さんは首をひねっているとか。微笑ましいというか笑っちゃうエピソードも。
c0235117_08333819.jpg
ミュージシャンとしてある程度成功したり、別の仕事に就いてもきちんと成果を上げている。人として魅力もあり、努力家でもあるんでしょうね。
週末の彼のバンドのライヴをいつか主人と観に行きたいなあと思っています。



随分遅くなってしまったのですが、ロンのその後を検索して、偶然私が書いた記事を見つけて下さった鍵コメさんが、またいつかこの記事を見つけてくださいますように。


訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2017-06-08 14:54 | Daily Life | Comments(0)
<< ヒョウ被害 --- Hail ... | ページトップ | ひな祭り女子会のランチョン >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin