Top
ブラウンバッグでフルーツを熟成~マンゴー・サルサ

c0235117_1555747.jpg

日本ではあまり見かけなくなったけど、
アメリカでは安価な袋として使われているブラウンバッグです。
これにランチのサンドウィッチやりんごなどを入れて学校へ、職場へ・・・が典型的。
c0235117_15555019.jpg

数年前、スーパーの桃やネクタリンのコーナーにこれがまとめて置いてありました。
「熟成用・ご自由にお持ちください」
果物をこの袋に入れて台所に置いておくと2日ぐらいで成熟が進み食べごろになるとか。
そうよね。冷蔵庫で保存だと成熟しないし。

一部の果物は袋に入れておくと果物から発生したエチレンガスがたまりやすいので成熟が進む
とのこと。でもビニール袋だと蒸れてしまうので、適度な通気があるブラウンバッグが適している。
そのまま置いておくと乾燥してしまうので、こういう袋に入れておくのが良いんですって。
c0235117_15564152.jpg

スーパーなどで売られている野菜や果物は完熟する前に収穫されるのが常。
ほとんどの果物はその後は成熟しないけれど、収穫されてからも成熟が進む果物は、
桃やネクタリンの他、バナナ、アボカド、梨、マンゴー、キウイで、これは果物に含まれる
糖度によります。ちなみにトマトは収穫されてからは成熟しないそうです。

以来、うちでもブラウンバッグはまとめて買って、桃、梨、キウイなどの果物を入れて
置くのですが、2~3日すると、周囲が甘い匂いでいっぱいになります。
その後食べるなり冷蔵庫に保存するなりしています。
c0235117_1557930.jpg

あ、でもテキサスは「バナナが1晩で腐る所」(友人談。でも、あながちウソではない。アメリカのバナナ
すぐ腐るし。)なので、テキサスについてはバナナを2~3日放置は無理かな。
それより、いつか「ためしてガッテン」で紹介されていた「ガッテン・バナナ」が有効です。

ところで、なぜブラウンバッグかというと、ビニール袋が普及するまでは、一番ありふれた袋
だったから、とのこと。
そういえば、「ブラウンバッグ・ミーティング」というのがあるらしいです。
自分のお昼ご飯をそれぞれが持ち寄って、カジュアルな雰囲気で仕事のミーティングをすることだとか。
なので、通気性のある紙袋だったら何でもいいんじゃないのかなあ。

ブラウン・バッグで熟成させたマンゴーで、サルサを作ってみました。
作りたてより2~3日後が味がなじんでおいしかった。肉料理に合います。
ブラウン・バッグ方式、お試しあれ。



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-09-12 16:03 | Cooking
<< IKEAで本棚買ってみた/トル... | ページトップ | ネイサン、おめでとう >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin