Top
うれしい差し入れ -Bundt Cake
先週、ボランティア先に若い女性が立ち寄られました。
何でも以前資料を捜しに見えた時、ボランティアの人たちに手伝ってもらって
見つけることができたんだそう。そのお礼にって近くのバントケーキ店のパッケージがいくつか入った
カワイイ包みを手土産にいただきました。
仕事が終わってみんなで分けるとき、わたしはその時にいなかったからと辞退したら、
アンが、「あらあ、いいのよ。わたしだってその時いなかったんだから。」
ありがたすぎますー。「ええ?いいのー?」と言いながら、しっかりパッケージを手にしているわたし。
c0235117_15301799.jpg

ね、カワイイでしょ。セロファンの細長い袋にこのパッケージが人数分入っていて、
きれいなリボンで留めてありました。
これは、バントケーキ(Bundt Cake)専門のフランチャイズ店のもの。
その名も、Nothing Bundt Cakes。 売っているのはバントケーキだけー。
だから Nothing but ~ のだじゃれで、nothing bundt cakes というわけ。
確かにそれだけしかないのだけど、大きさが何種類かあるし、フレーバーもいろいろ。
クリームチーズ系のアイシングがかかっていて、てっぺんにはイベントに応じて花とか
キャンディとか飾ってくれる。単純なんだけど、とってもかわいらしいんですよ。
お店もパッケージもセンスがあるし (上のリンクをチェックしてみてね)。
店頭にはテイスティング用のケーキがいつもあり、一切れがけっこう大きい。
一度主人と行ったんだけど、彼曰く、「ケーキ屋さんとかドーナツ屋さんとか、みんなが笑顔になる
場所じゃん? 自分にご褒美って、楽しみにしながら来る場所だよね。」
うんうん、わかるわかる。で、このバントケーキのお店は、働いている人たちも楽しそうで。
わたしがいただいたのはチョコレートにキャラメルが入ってるの。
二人で食べてちょうどよい大きさでした。
c0235117_15365843.jpg

アンは真っ先に、「わたし、レッド・ベルベットが一番好きなの!」
これを言われたら、だーれもレッド・ベルベットに手を出せなかった(爆笑)。
いつも優しくて上品なアンのおちゃめな面を見ちゃった。

ところでわたしの実家は地方だからか、どの店でもバント・ケーキを、見たことがない。
日本では出回ってるのかなあ?わからないのでとりあえず解説。
要するに、バント型で焼いたケーキ一般のことです。
スポンジケーキよりもう少ししっかりとした、コーヒーケーキ、ティーケーキのような。
バント型はご覧のようにチューブ型で、クグロフとエンジェル・ケーキ型の間のような。
c0235117_15425223.jpg

これもバント型です。こっちを一番最初に買ったの。
c0235117_15432184.jpg

ウィリアムス・ソノマ製ですごくしっかりしているんだけど、なんでこんなごっついの買ったんだろうと・・・。
だって、店にはバラの形のもあったんですよ。
見るたびに、アントニオ・ガウディとか、「バットマン」とか「ロード・オブ・ザ・リング」のお城を思い出しちゃう。
でも、この丸いへっこんだ部分にアイシングや飾りが乗りやすいですよね。ははは。
次はもう少し小さめのバラの形のが欲しいかな。



訪問してくださってありがとうございます。 ボタンをクリックして、応援してくださいねっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by garjun2 | 2013-02-27 16:19 | Daily Life
<< アジアンマーケットへ | ページトップ | バレンタイン・デーのプレゼント... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin